氏家鯉店・ウジイエコイテン・東北・宮城県の有名な鯉料理の専門店・鯉のあらい・鯉のうま煮・鯉の切身・鯉料理販売
鯉 食用鯉 鯉料理 販売 氏家鯉店
氏家鯉店TOPページ 来店案内 鯉料理の店頭販売 鯉料理の通信販売 鯉料理レシピ集 鯉調理(料理)方法 鯉料理の実演・動画 Ujiie Carp Store/English Site
コイを必要としている人々へ。。日本の伝統食(鯉料理)でニッポンを元気に!コイチャージ!!
食用コイ加工専門、コイ一筋のここだけにしかないワザあり。初鯉(はつコイ)は宮城県大崎市鳴子温泉の鯉料理から…
HOME > 氏家鯉店ニュース
氏家鯉店ニュース(季節の話題やお知らせなど…)

【ご注意!】情報は変わっている場合もございます。

【お知らせ】「8月11日〜15日まで通販業務を休止いたします」2018年8月1日更新
8月11日(土)〜15日(水)まで通販業務を休止いたします。

ご注文の受付は休止、商品を発送することはできません。

お客さまにはご迷惑をおかけ致しますが、ご了承くださいますようお願いいたします。

15日より、通販の受付を再開いたします。

【季節の話題】「暑さに負けないで、元気コイ!」2018年7月20日更新
鳴子も毎日、暑い日が続いていますが、、こう続くとちょっと異常ですよね。

私たちも熱中症にならないように注意して仕事を続けております。水分や食物をバランス良く食べることが大切なことでもあります。暑さを乗り越えましょう「元気コイ!」

7月19日 午後3時の気温

【季節の話題】「花たちでお客さまを歓迎」2018年6月27日更新
お店の入口で、たくさん花が咲いています。小さな歓迎といいましょうか。。

中でも赤い花が咲く「月下美人」は今が見頃。今年は特にいっぱい蕾を持ち、次々と素敵な華を咲かせています。



【季節の話題】宮城県唐桑半島で咲く花「ニッコウキスゲ」2018年6月17日更新
宮城県気仙沼市の唐桑半島で咲く「ニッコウキスゲ」が鮮やかな花を咲かせています。

大崎市鳴子温泉からは車で約2時間40分。

潮風に揺れる花、波の音、海の青さ。山の温泉地にはない「ここだけにしかないこと」です。

写真:唐桑半島・巨釜にて(6月初旬撮影)

【イベントのお知らせ】深緑の鳴子峡でご当地グルメの祭典!「おおさき食楽まつり」2018年6月4日更新
6月16日〜17日、大崎市鳴子温泉の鳴子峡レストハウス特設会場で「おおさき食楽まつり」が開催されます。
深緑の鳴子と、ご当地グルメを堪能して見ませんか?

毎年、駐車場が混雑するのでお早目のご来場をおすすめいたしますよ。。

注:当店は出店いたしません。





写真:鳴子峡遊歩道からの眺め(5月中旬撮影)

【季節の話題】新緑・鳴子探訪(3)「鬼首(オニコウベ)」2018年5月28日更新
東鳴子からは車で約20分。

鳴子で自然をいっぱい楽しみたいなら鬼首。冬はスキー、5月下旬からはカムロ岳への登山が楽しまれる。





【季節の話題】新緑・鳴子探訪(2)「潟沼(かたぬま)」2018年5月18日更新
東鳴子からは車で約5分。

季節によって水の色が変わり、沼の水は強酸性である。最近はカヌーやハサップ持参で楽しむ方も…





【季節の話題】新緑・鳴子探訪(1)「鳴子峡」2018年5月16日更新
秋は紅葉、5月からは新緑が美しい鳴子峡へ

目の前に広がる緑いっぱいの絶景に癒されますよ。。。緑の中に、自然に自生する藤の花が綺麗です。





【季節の話題】新緑から深緑に、美しい季節になりましたよ。。2018年5月12日更新
GWも終り。連休中は多くのお客様にご来店いただき、本当にありがとうございました。

最近では、鳴子の鯉料理を母の日のプレゼントにするお客さまも。。

私たちが暮らす、東鳴子温泉も緑が美しい季節になりました。写真は5月1日に撮影したものですので、今は新緑からさらに深緑となりつつあると感じますが…

日頃の疲れを鳴子の名湯(温泉)+地元の食(コイ料理)で癒していただけると嬉しいです。

東鳴子に来たなら、東鳴子温泉限定販売の地酒「天音(あまね)」も…楽しまなくちゃ。。。
https://www.narukokoi.com/sake-koi.html

陸羽東線の鉄橋を渡る「みのり号」

【重要なお知らせ】4月28日(土)〜5月6日(日)まで通販の発送を休ませていただきます2018年4月23日更新
氏家鯉店の通販をご利用いただきありがとうございます。

都合により、4月28日(土)〜5月6日(日)まで通販の発送を休ませていただきます。

期間中は商品を発送することはできません。

※4月26日、27日発送分のご注文は23日(月)午後8時にて締め切りいたしました。

※5月5日より通販の受付を再開いたします。

お客さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願いいたします。

【お知らせ】鳴子の温泉とともに、鳴子の鯉料理(鯉のあらい)が楽しみだ2018年3月23日更新
日帰りで鳴子の温泉に浸かって
電話で予約をしてから、帰りに必ず当店に寄って「鯉のあらい」を購入して行くお客さまがいる。

鳴子の温泉とともに、鳴子の鯉料理(鯉のあらい)が楽しみだそうだ。

温泉で温まって、家に帰ってから鯉のあらい(地元の食)を楽しむ。

これが「鳴子ならではのこと」なのでは?


鯉のあらい(写真はイメージです)

【お知らせ】東日本大震災から7年…2018年3月11日更新
今日で東日本大震災から7年になりました。

私たちが暮らす、宮城県鳴子温泉郷は古くから続く湯治場(温泉地)として、山と海とのつながり(温泉と人のつながり)があります。観光で復興支援を!これからも長く続くご支援をお願いいたします。

個人的に、宮城県沿岸部に関係する情報を発信するウェブサイトを2011年から探し続け、まとめ続けております。サイトの情報を参考にして、観光で宮城県を訪れていただくことを希望いたします。
観光で復興支援!宮城県沿岸部の観光復興情報

【季節の話題】寒さ厳しい時期から、、春に向かって2018年2月27日更新
寒い寒い。年が明けてから強い寒気が来て雪が降り続いたりしておりましたが
3月近くになり、やっと道路にあった雪も溶けて乾燥した道になりました。

やっと、、雪かきにも開放されそうです。春はもうすぐ。。

【重要なお知らせ】通販をご利用のお客さまへ2018年1月25日更新
全国的に強い寒気による大雪などの影響、道路状況の悪化により
指定された時間より、お荷物のお届けが遅れる場合があります。予めご了承くださいますようお願いいたします。


【お知らせ】本年もよろしくお願いいたします2018年1月2日更新
新年あけましておめでとうございます。
本年も、氏家鯉店をどうぞよろしくお願い申し上げます。


店からすぐの場所で見られる風景。
自分が住んでいるところでは日常ですが、この地を訪れる人たちにとっては新鮮ですよね。。

■私たちは「食用鯉=食用コイ」という食(命)を通じて、地域とともに販売を続けています。

1.食は生きるために必要なものであること。
1.食は楽しみのひとつであること。
1.食は心に深く残るものであること。

それぞれの土地には歴史があり、伝統もあり、食材もあります。自分が生まれた土地に住み、地域の人と関わりを持ち続け、祖父の代から続いている「鯉屋の暖簾」を大切に守り、鳴子に来れば「ここの鯉」と呼ばれる事を目指しております。
本物を知っている者は何があっても変わることなどない。変わらぬ者が本物を味わい、楽しむことができる。
TOP ↑
>> 鯉 鯉料理 販売 氏家鯉店 TOPページへ

鯉料理&鯉調理加工の通信販売 鯉料理レシピ 鯉調理(料理)方法 サイトご利用案内
通信販売 ご利用方法(初めにお読み下さい) 鯉料理 レシピ集 TOP 鯉調理(料理)方法 TOP 来店案内(地図・交通案内)
通信販売 ご注文の手順説明 鯉料理 レシピ集【1】 鯉調理 鯉の切身 店頭販売(商品紹介)
通信販売 ご注文をする 鯉料理 レシピ集【2】 鯉調理 鯉の活造り 休日(定休日)のご案内
通信販売 法律に基づく表示 鯉料理 レシピ集【3】 鯉料理 鯉のあらい
鯉料理 レシピ集【4】 鯉料理 鯉のうま煮 お問い合わせ
通信販売(商品) 鯉のあらい 鯉料理 レシピ集【5】 鯉料理 鯉のアラ汁
通信販売(商品) 鯉のうま煮 鯉料理 レシピ集【6】 鯉調理 鯉の骨きり プライバシーポリシー
通信販売(商品) 鯉の切身加工 鯉料理 レシピ集【7】 鯉調理 鯉の皮湯引き 免責事項/著作権
鯉料理 レシピ集【8】 鯉調理 鯉の丸揚げ用加工 サイトマップ
鯉料理 レシピ集【9】 鯉の三枚おろし(鯉のさばき)前編
鯉の三枚おろし(鯉のさばき)後編
動画・鯉調理(料理)方法
ワザありの鯉調理 鯉のあらい
【おいしい鳴子の水道水】当店の食用鯉は鳴子の水(水道水)を使用して蓄用、すべて餌を与えず身を〆めております。
伝統の技を守り、伝える郷土の鯉料理。私たちが住む日本の足元には「食用コイ」という身近な食材(伝統食)がある。

食用鯉(食品として人間の命を支えるために育てた料理用鯉)と鯉料理の販売 氏家鯉店
東北、宮城県、鳴子温泉郷、東鳴子温泉。鯉の洗い(鯉のあらい)、鯉のうま煮で有名な鯉料理の専門店
Copyright © 2003- 氏家鯉店/Ujiie-Koiten. All Rights Reserved.