氏家鯉店・ウジイエコイテン・東北・宮城県の有名な鯉料理の専門店・鯉のあらい・鯉のうま煮・鯉の切身・鯉料理販売
鯉 食用鯉 鯉料理 販売 氏家鯉店
氏家鯉店TOPページ 来店案内 鯉料理の店頭販売 鯉料理の通信販売 鯉料理レシピ集 鯉調理(料理)方法 鯉料理の実演・動画 Ujiie Carp Store/English Site
鯉の調理(料理)方法 TOP > 鯉の切身 > 鯉の活造り > 鯉のあらい > 鯉のうま煮 > 鯉のアラ汁 > 鯉の骨きり > 鯉の皮湯引き > 鯉の丸揚げ用加工
鯉料理の技、食用鯉の調理(料理)方法/鯉の洗い・鯉のあらい
■鯉を三枚におろした身の部分を「鯉のあらい」に調理します。

三枚におろした身の部分に薄く骨が残りますので丁寧に包丁で取り除きます。


この場合は身を大きく切っています(盛り方により切り方を変えます)


「鯉の洗い」にする方法は下記をご参考ください。

注:鯉の洗いを作る場合は生きている鯉を調理しなければ「あらい」にはなりません。


鯉の身を薄く、切ります。


水が入ったボールと鯉をあらいにするためのお湯(約45度〜48度)を準備します。

 
手を入れながら鯉の身の状態を見ながらお湯の温度を調節します。
(身を入れるとお湯の温度が下がります)
お湯の温度は熱くても温くてもだめなので、この部分が一番苦労します。

「鯉の洗い」の調理方法は「自分自身の手が」覚えなければアライにはなりません。

 
鯉の身が硬くしまって来たら、ザルをあてがいボールのお湯を捨て、すぐにためていた水を入れます

 
流水でよく冷やし、水から取り上げます。


完成。 あらいの作り方の一例として紹介しております。

「鯉のあらい」には「氏家鯉店特製・手作りからし酢みそ」が付きます。
ここだけの味、創業から同じ味を守り続けています。

あらいにワカメを添えて「からし酢みそ」で食べるとまた、一味違います。

<< 鯉の調理(料理)方法 「鯉の活造り」へ | 鯉の調理(料理)方法 「鯉のうま煮」へ >>

東北の食を見直そう!
地元にある食で、ココにしかない「温泉とコイ関係」を築いて行こう!


■私たちは「食用鯉=食用コイ」という食(命)を通じて、地域とともに販売を続けています。

1.食は生きるために必要なものであること。
1.食は楽しみのひとつであること。
1.食は心に深く残るものであること。

それぞれの土地には歴史があり、伝統もあり、食材もあります。自分が生まれた土地に住み、地域の人と関わりを持ち続け、祖父の代から続いている「鯉屋の暖簾」を大切に守り、鳴子に来れば「ここの鯉」と呼ばれる事を目指しております。
本物を知っている者は何があっても変わることなどない。変わらぬ者が本物を味わい、楽しむことができる。
TOP ↑
>> 鯉 鯉料理 販売 氏家鯉店 TOPページへ

鯉料理&鯉調理加工の通信販売 鯉料理レシピ 鯉調理(料理)方法 サイトご利用案内
通信販売 ご利用方法(初めにお読み下さい) 鯉料理 レシピ集 TOP 鯉調理(料理)方法 TOP 来店案内(地図・交通案内)
通信販売 ご注文の手順説明 鯉料理 レシピ集【1】 鯉調理 鯉の切身 店頭販売(商品紹介)
通信販売 ご注文をする 鯉料理 レシピ集【2】 鯉調理 鯉の活造り 休日(定休日)のご案内
通信販売 法律に基づく表示 鯉料理 レシピ集【3】 鯉料理 鯉のあらい
鯉料理 レシピ集【4】 鯉料理 鯉のうま煮 お問い合わせ
通信販売(商品) 鯉のあらい 鯉料理 レシピ集【5】 鯉料理 鯉のアラ汁
通信販売(商品) 鯉のうま煮 鯉料理 レシピ集【6】 鯉調理 鯉の骨きり プライバシーポリシー
通信販売(商品) 鯉の切身加工 鯉料理 レシピ集【7】 鯉調理 鯉の皮湯引き 免責事項/著作権
鯉料理 レシピ集【8】 鯉調理 鯉の丸揚げ用加工 サイトマップ
鯉料理 レシピ集【9】 鯉の三枚おろし(鯉のさばき)前編
鯉の三枚おろし(鯉のさばき)後編
動画・鯉調理(料理)方法
ワザありの鯉調理 鯉のあらい
【おいしい鳴子の水道水】当店の食用鯉は鳴子の水(水道水)を使用して蓄用、すべて餌を与えず身を〆めております。
伝統の技を守り、伝える郷土の鯉料理。私たちが住む日本の足元には「食用コイ」という身近な食材(伝統食)がある。

食用鯉(食品として人間の命を支えるために育てた料理用鯉)と鯉料理の販売 氏家鯉店
東北、宮城県、鳴子温泉郷東鳴子温泉。鯉の洗い(鯉のあらい)、鯉のうま煮で有名な鯉料理の専門店
Copyright © 2003- 氏家鯉店/Ujiie-Koiten. All Rights Reserved.