氏家鯉店・ウジイエコイテン・東北・宮城県の有名な鯉料理の専門店・鯉のあらい・鯉のうま煮・鯉の切身・鯉料理販売
鯉 食用鯉 鯉料理 販売 氏家鯉店
氏家鯉店TOPページ 来店案内 鯉料理の店頭販売 鯉料理の通信販売 鯉料理レシピ集 鯉調理(料理)方法 鯉料理の実演・動画 Ujiie Carp Store/English Site
HOME > 東北の鯉料理を支え続けていた「食用コイ養殖場」
東北の鯉料理を支え続けていた「食用コイ養殖場」
これ以下の文章及び写真は2011年5月25日から公開したものであります。現在は状況などが変わっている場合がございます。

※復興支援(応援)とは個人的に店主がネットを通じて情報を発信しているものであり、食用コイ養殖場の考えなどを主張していることではありません。

2011年3月11日、東日本大震災。震災当日、私たちとつながりのある宮城県沿岸部にあった食用コイ養殖場は津波で壊滅的な被害を受けました。幸いにも人的な被害はなく、宮城県南部の山沿いの場所にある別の養殖場で仕事を現在も続けておりますが、今だにこの場所での再開の見通しは立っていない状況です。

震災前、この場所でのコイ養殖は井戸水を汲み上げ卵から育て、成魚なるまでの間、一年を通じて食用コイを出荷することを行って来ました。この海沿いの温暖な場所での良質のプランクトン(魚のエサとなる)が育つからこの場所でなければならないのです。

私たちはこれからもこの養殖業者の食用コイを仕入、調理して、販売をすることを考えております。食用コイを消費することが直接的な支援となり、復興につながるのだと思います。

将来、復活した養殖場の食用コイを復興の鯉「宮城の伊達な鯉」として調理できる日が来ることを希望して…

以下の写真は震災から約3ヵ月後の食用コイ養殖場を撮影したものです。

画面中央にあるポンプで井戸水を汲み上げていた。
養魚場からの井戸水が干潟に流れて汽水域を作り、井戸水が蒲生干潟の自然環境にも関係していた。


養殖池(見えにくいが池の奥にも車が水没している)


自宅があった場所。


養殖池(右にあるのが出荷前のコイを入れていたコンクリートの池)


2014年3月12日、震災から3年たった場所を再び訪れてみました。

以下の写真は震災から3年後の食用コイ養殖場を撮影したものです。

自宅があった場所

養殖池

TOP ↑
>> 鯉 鯉料理 販売 氏家鯉店 TOPページへ

鯉料理&鯉調理加工の通信販売 鯉料理レシピ 鯉調理(料理)方法 サイトご利用案内
通信販売 ご利用方法(初めにお読み下さい) 鯉料理 レシピ集 TOP 鯉調理(料理)方法 TOP 来店案内(地図・交通案内)
通信販売 ご注文の手順説明 鯉料理 レシピ集【1】 鯉調理 鯉の切身 店頭販売(商品紹介)
通信販売 ご注文をする 鯉料理 レシピ集【2】 鯉調理 鯉の活造り 休日(定休日)のご案内
通信販売 法律に基づく表示 鯉料理 レシピ集【3】 鯉料理 鯉のあらい
鯉料理 レシピ集【4】 鯉料理 鯉のうま煮 お問い合わせ
通信販売(商品) 鯉のあらい 鯉料理 レシピ集【5】 鯉料理 鯉のアラ汁
通信販売(商品) 鯉のうま煮 鯉料理 レシピ集【6】 鯉調理 鯉の骨きり プライバシーポリシー
通信販売(商品) 鯉の切身加工 鯉料理 レシピ集【7】 鯉調理 鯉の皮湯引き 免責事項/著作権
鯉料理 レシピ集【8】 鯉調理 鯉の丸揚げ用加工 サイトマップ
鯉料理 レシピ集【9】 鯉の三枚おろし(鯉のさばき)前編
鯉の三枚おろし(鯉のさばき)後編
動画・鯉調理(料理)方法
ワザありの鯉調理 鯉のあらい
【おいしい鳴子の水道水】当店の食用鯉は鳴子の水(水道水)を使用して蓄用、すべて餌を与えず身を〆めております。
伝統の技を守り、伝える郷土の鯉料理。私たちが住む日本の足元には「食用コイ」という身近な食材(伝統食)がある。

食用鯉(食品として人間の命を支えるために育てた料理用鯉)と鯉料理の販売 氏家鯉店
東北、宮城県、鳴子温泉郷、東鳴子温泉。鯉の洗い(鯉のあらい)、鯉のうま煮で有名な鯉料理の専門店
Copyright © 2003- 氏家鯉店/Ujiie-Koiten. All Rights Reserved.